群馬県弓道連盟
会長挨拶 群馬県の弓道 役員・諸規則 年間行事 支部一覧 道場一覧 群弓連だより リンク



役員・諸規則 内規



会 則
運営規定
代議員規定
内 規
支部及び連合会規定

(目  的)
第1条 この内規は、理事会並びに総会が承認した事項のうち、規定に掲載されないものを記録し、本連盟が正確に運営できることを目的とする。
(会 員)
第2条 本会に加入を希望するものは、入会金と年額会費を納入したものが会員となる。
既納の会費はいかなる理由があってもこれを返還しない。
会員を下記の2種別とする。
(1)正会員(一般会員)
名誉会員
本会に功労のあったもの、 会長が推薦して理事会の議決を経る。
特別会員
会費年額5,000円を納入した称号受有者及び 年額5,000円以上寄贈したもの。
維持会員
会費年額2,000円(四段以下)及び3,000円(五段)を納入したもの及び第11条の該当者(高齢者の年会費)
(2)準会員
県内の大学(専門学校)・高等学校・中学校の弓道部員、大学(専門学校)・高校・中・小学生は会費年額500円を納入する。但し高校の弓道部員は会費(3年間・入会金を含む)1,000円を納入する。 正会員以外のものは本連盟及び連盟加入の上部団体主催の行事に参加することができない。但し、行事の性質上参加することが適当と、会長が認めた場合は、準会員の参加ができる。
(理事の選出)
第3条    理事の選出は、連合会長及び部会長を委嘱し、その他若干名を会長が選任する。
(本会の事務所位置)
第4条 本会の指定する事務所は、理事長宅に置く。
(事業計画と予算)
第5条 事業計画と収支予算は理事会が審議し総会の承認を求める。
なお、理事会が審議する計画と予算の原案は会長、理事長、会計担当
その他が協力して作成するものとする。
(事業報告と決算)
第6条 事業報告と収支報告書は、事業年度終了後2カ月以内を目標に、監査会と理事会を行い総会の承認を求めるものとする。
(会計担当)
第7条 本連盟の会計担当は正副2名とし、1名が金銭管理、他の1名が出納簿を記載し、万全を期するものとする。
(決算書類)
第8条 収支決算は予算額と決算額を比較して表示し予算と決算の差異が大きい項目についてはその理由を備考欄に注記する。
(事前配布)
第9条 代議員が審議する議案は、総会前に配布し事前に検討できるよう配慮する。
(議 事 録)
第10条 総会及び理事会の議決事項は、会長が指示して議事録を作成し、保存する
ものとする。議事録には開催年月日、開催場所、出席役員、議事の経過要領、議決結果等を記録する。
(高齢者の年会費)
第11条 本連盟の会員が満80歳以上に達し、所属支部長から会費減額の申請があったときは、年会費を規程の半額にすることができる。また、常任理事会が特別な事情を認めたときは、年会費を免除する。会計理事は減額または免除した会員名を、後日理事会に報告するものとする。

(ガソリン代)
第12条 本連盟の旅費規程・第5条の地区別ガソリン代は、前橋中心のものとし前橋以外の地区に出張する場合は、地区ブロック中心より目的地まで、地図上の直線距離により支払うものとする。ガソリン代は役員・選手を対象とし、キロ当 たり21円、端数は四捨五入し100円単位にて支払う。但し日額を支給した場合や、月例射会を利用したときは、原則として支給しない。
(競技の3部制)
第13条 本連盟が主催する月例射会の近的競技三部制は、当分のあいだ次の区分により実施する。
     ◎称号の部 ◎四・五段の部 ◎三段以下の部
(年間五傑の表彰)
第14条 年間五傑の表彰細則は、次の通りとする。
大 会 名:春季大会、7月例会、8月例会、9月例会、秋季大会、納 射 会、初 射 会、建国記念射会
対象種別:◎称号の部 ◎四・五段の部 ◎参段以下の部
得点順位:1位―10点、2位―9点、3位―8点、4位―7点、5位―6点、6位―5点、7位―4点、8位―3点、9位―2点、10位―1点
表彰:年度内の合計点数の上位5位を、次年度の春季大会において表彰する但し、同位者が複数の場合は、同位表彰し次位者は繰り下がる。
また、年度中に昇段昇格して、対象種別に変更があったときは昇段昇格前の得点は加算しない。
(着用区分)
第15条 射会における和服と弓道衣の着用区分は、次のように実施する。なお、参段以下は弓道衣でも可、四段以上は和服着用とする。
(和 服) 初射会、納射会、 建国記念射会、 祝射会、 弔射会
(弓道衣) 例射会、群馬県選手権 四毛大会 県民大会 春秋の大会
上記以外の県連主催の射会は個人の任意とする。
また、大会要項に和服又は弓道衣の指示ある場合は、これを優先する。
(段級の審査)
第16条 本連盟が主催する段級の審査は、四段受審者は和服を着用し、男子は肌脱ぎ、女子は襷がけ動作を行うものとする。
また、受審者の事由があるときは申し出により、弓道衣で受審することができる。
なお、地方審査における高校生の受審資格は参段までとする。
(初 段 B)
第17条 本連盟の段位審査に始めて受審する者は無指定を申請し、2級以下の段位を有する者は、初段Bを申込むものとする。
初段Bは無指定審査と同様に、実力があれば上位または初段まで認許することができる。
(審査申込金)
第18条 本連盟の無指定を請求する時は、審査料並びに段位登録料を納入するものとする。無指定を受審した者が、初段に合格したときは、級位登録料を初段登録 料の一部に変更し納付する。また、初段Bの受審者は初段受審の審査料を納入する。初段に合格した場合は初段登録料を納付し、昇級の場合は登録料の納付は必 要としない。
(学科審査)
第19条 初段の学科審査は、会場の都合により当分の間、実科審査において初段候補になった者を対象に実施する。
(会  報)
第20条 「群弓連だより」は、原則として年4回発行し、本連盟の支部会員のほか下記宛に送付する。
全弓連本部 1  関東地連会長 7  県体育協会長 1
県内の大学 4  県教育委員会他 3 会長・顧問・若干名
文責者は群弓連会長として、関連団体に配布するものとする。
(自動車・船賃)
第21条 旅費規定第5条の自動車とは、乗合路線バスを云う。
目的地まで路線バスその他がなく、タクシーを利用した場合も原則としてバス運賃に換算して支給するものとし、バス運賃の基準は常任理事会が決める。

 付 則  この内規は、平成14年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成17年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成18年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成23年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成24年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成26年4月1日から施行する。
 付 則  一部改訂、平成27年4月1日から施行する。